痛い出費2019/11/18 15:33

つい10日ほど前から、話題が下の話になるが、便秘状態になった。 11年前の直腸癌の手術後、排泄が元の様にはスムースにはならなかった。医師からは「元には戻りませんよ」と言われていたが。              その延長かと思われるが時々、不都合な状態になる。    多分3日以上通じが無くて、大変な思いをして排泄した。その直後に、リフォームしたばかりのトイレが流れなく成った。    あれこれ試したが、奏功せず、専門業者を呼んだ。     この手の業者は全国展開しているかの様な表現をWEB上でしているが、殆どの業者は、実際に現場に行く人は数多くいないから、横のつながりが有り、互いに融通しているようだ。確かに、全くの人員派遣であるから、人での少ないこの時期に、当然かも知れない。      1年半前にリフォームした新しいトイレボールで有るが、最近のは節水型で水量が少なく、それも詰まる原因に有る様だ。   従来型の1/3位の水量の様だ。            手作業でパイプに圧を掛ける方法では解決せず、高圧空気を発射する方法で、開通した。     浄化槽周りの配管を見てくれたが、そちらは異常なく、便器周辺しか原因はない様だとの事で実施した。           それでもま解決しないと便器の分解掃除になる。      圧縮空気装置使用量が18K、派遣料金が3K作業料が4K、合計約24Kと成ったが、致し方ない。       二世帯住宅でトイレが2箇所有るので、不便することはなかったが。

コメント

トラックバック